驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあり

自宅に届けられた郵便物に偶然、貼られているのが珍しい切手ということがあります。

そうした切手は是非業者に売りに出しましょう。

もし消印が押されていても心配はありませんが新品の切手と比較した場合、売れる値段は安くなります。

珍しい切手があれば売買に出してみましょう。

驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。

通常の場合、切手は郵便物を送るために使われるもので、消印を押され、役目を終えると必要がなくなります。

ですが、そんな古い切手も、デザインが認められたり、珍しいものであると認定された場合は、高価買取してもらえる場合もあります。

例えば古い切手は持っているけどどのくらいの価値なのかよく分からないという場合、査定を古切手の買取を行っている業者に頼んでみましょう。

「切手を買取に出そう」という時、高く売れるのはバラではなくシートとして買い取ってもらった場合です。

そうでなくとも、もしも数があるにはあるけどバラの切手ばかり、というあなた、高値で売る技があるのです。

その方法は簡単で、ただ台紙に貼ってしまうだけでいいのです。

同じ切手50枚、そしてA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)さえあれば出来る方法です。

切手をそれに縦5行、横10列で貼りさえすればいいのです。

これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるため頭の片隅に残しておいてください。

もしあなたがたくさんの切手のコレクションをお持ちならご自身で業者に行かれるのではなく、出張買取を使うという方法が、賢く買い取ってもらうポイントです。

ここ数年では、切手の買取だけを専門的に行っているという業者も出てきており、出張買取に積極的な会社も増加しています。

出張買取のいい点は、時間をかけて店まで行く必要がなくなり、より丁寧に査定をしてもらえる可能性があるという点です。

切手を売りに出すとき、殆どの場合で、切手料金から数パーセント引いて買い取られることになります。

時には、さまざまな切手の中にはコレクションとして希少価値のあるものもあって、「予想外に高く売れた!」ということも起こり得ます。

あなたが買取してもらうつもりの切手の大体の値打ちは大体でいいので知っていた方が無難です。

買取の際に注意すべき事項、それは保存状態が重要だと考えられます。

切手を買い取ってもらう場合にもあてはまることで色が褪せていたり、破れている箇所があったりした時には、買取価格が安くなってしまいますよね。

市場にあまり出回っていない切手ならコレクターの需要もあるかもしれません。

「興味ないわ」という場合には、丁寧に扱わなくなることが多いですが、大切に取り扱うようにした方がいいでしょう。

使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手に交換するのがおすすめです。

コツとしては、専門の業者に持ち込んだとき高く売れるように手数料を払ってでも、シートにまとめて引き換えるよう交換しましょう。

同じ切手の査定でも、買い取り店によっては査定額はかなり違います。

手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね一番高い査定額のお店に売却すると良いでしょう。

ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手と呼称される切手も買取されています。

プレミア切手というのは、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。

なかなかないものなので、シートではなくバラになっていたとしても高価買取が実現するかもしれません。

何かしらの記念日に「記念切手」として出されたりと、扱われる時期がいつなのかによって切手は流通する量も、それぞれ大変な幅で上下します。

そのためそれに合わせて買取の際の値段も大きく変化しますので少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、切手買取依頼の時期も大事なポイントです。

手元にある未使用切手を現金化したいときは切手買取専門業者を探すのが高く売れる可能性が大です。

切手の特質をよく理解してくれますし希少価値のあるものを高く売ることも可能です。

切手の買取は多くの買取業者で行っていますが多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、額面はいくらか、保管状態はいいかだけを見て見積もりを出してくるわけで価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。